信頼関係を大切しているスズマン商事

昭和29年に創業したスズマン商事は、紙を扱っている小さな会社でした。徐々に取り扱い商品が増えてきて、昭和40年に会社名をスズマン商事と改めました。スズマン商事では、事務用品だけでなく、OA機器やオフィス家具など、オフィス、学校、幼稚園などで使用するためのものを幅広く取り揃えています。オフィス用品だけで、大手に負けず50年以上も続くのは凄いことです。

スズマン商事は、地元で長く取引をしている会社を多く持っている会社です。他にも安くて良い商品を販売している会社がある中で、長く取引を続けるのは大変なことです。スズマン商事は、このように信頼関係を大切にしているため、新しく入ってきた社員に対してもしっかり、昔からのお客様を大切にする教育をしています。社員も、信頼関係の大切さをしり、遣り甲斐を感じて長く勤める傾向があります。

基本的に土日・祝日が休みの会社なので、社員がしっかり休日に休んでオンオフの切り替えをすることができるのも社員のやる気に繋がっています。待遇面もしっかりしているため、安心して働ける職場です。社員同士の仲も良く、和気あいあいとしています。

ルートセールスがしっかりしているので、幼稚園向けの教材や遊具などを地元の幼稚園や保育園に販売するといったことも積極的に行っています。販売だけでなく、店舗の看板作成や、カッティングシートの作成も行っています。店舗ドアや車などに貼るカッティングシートは、文具店らしく色が豊富で、雨風にも耐えられる丈夫な素材を扱っています。

パソコンシステム事業も行っています。そのため、オフィス家具を新しくしたり、移転先で新しいオフィス家具を設置する際に、パソコン機器の設置も併せて相談に乗ることができます。パソコンや電話などのごちゃごちゃした配線で、どうしたらいいか分からなくなっても、スズマン商事のスタッフがしっかり対応します。オフィス家具のレイアウトに関する相談など、細かいところまで丁寧だと評判です。

文具店というと、古い体質といったイメージがありますが、スズマン商事では生き残るために、このように新しいことも行っているのです。また、スズマン商事には、文房具を販売している野並店もあります。野並店は、45年以上に渡り待ちの文房具店として親しまれています。学校で使う消しゴムや鉛筆などを買いに来ていた子供が、大人になって会社で使う筆記用具などを購入しに来るといったように、長く多くの人たから愛されている文具店です。