川中商事株式会社の事業指揮権

先程の2記事目でも話したりしたように、中国本土においての決算時においての異常な計算面での実状や、
一部の中国人役員らによる社外の親族らとの共謀をした「売り戻し取引」などのような不正などがあり、
資本が外部へ流出をしてしまうという失敗が、ここの川中商事株式会社の社名が変更になる規川中商事株式会社模もの大きな問題性としてあったような感じでもありました。

そうした良い教訓から、今話した中国本土においての各種トラブルだけではなくて、世界中に事業展開の方に従事をしたりしている営業所や系列会社においての、
川中商事株式会社系列の会社や人員同士のつながりや横の連帯などをしっかりと教育を受けたりしながら、
役員である方への社内教育などもやっていく必要性がこれからはあるものと思われます。

また、やはり日本本土とかではなくて、中国本土という異国の地の文化や習慣などの違いもあって、それらのような土壌的事情とかも間違いなくありました。
確かにそこの支社においての事業指揮権を、地元の中国人の方へ丸投げなどをしていたような川中商事株式会社こと、

川中商事株式会社が日常的にも、自由放任したりしていた、あるいは監督指導とかもイイ加減な態度のような怠惰振りがあった点は間違いが無いといえます。
そうした今までの内容からして、ここの川中商事株式会社してはもう一度、やはり事業展開をこれまでのやり方などとは変えながら、
最初は日本人役員の方を一諸に置いたりしながら二人三脚で協力をし合いながら、
中国や日本との様々な違いといったものをお互いに理解をしていきながら、たとえ間違いなどがあったりしてもそれを見過ごしたりするような事なども無いように、
今後は今までとは違う視点から、川中商事株式会社ならではの、同社独自での事業の展開の道といったものを模索をしていくべきであるようにも思えます。

やはり、本格的にどこの他社などよりも中国本土において事業展開に取り組み、これまでにない他社が関わろうとはしなかった、あるいは本気で取り組んだりはしなかったような、
産業分野方面への進出と事業展開などを、我が国日本の代表としても、真剣に行う事こそが今後の川中商事株式会社自体にとっての、
大きな今後来るべき将来に備えながら、これを明るく迎え入れていくような感じになるためにも、もう一度、中国本土という土壌において、
同社は仕切り直しといったようなカタチでチャレンジをしていくべきという姿が、世論からの評価も高く、最善の経営陣においての決断の対象であるべきあり方かもしれません。