物流を軸にお客様を支える

川中商事は1964年に日本通運グループの傘下事業会社と保険代理会社、自動車整備会社、自動車販売会社の各事業会社が結合して発足しました。1964年5月に設立され、本社は東京都港区にあります。
代表取締役社長は川中康昭氏、資本金は40億円、従業員数は2016年5月末時点で2,328名、事業所数は2016年6月末時点で207ヵ所という企業です。

川中商事の事業内容は、事務機器や情報機器・生活関連商品などの販売や包装資材、物流関連省力化機器、環境関連商品、建設関連資材、石油製品、LPガス等の販売、
そして、建設工事請負や、リースレンタル業、損害保険や生命保険代理業などです。また、車両整備やトレーラ・コンテナ設計、製作、不動産賃貸業、輸出梱包などを行っています。
川中商事は日本通運グループの中核企業に成長し、現在全8事業部門で日本国内で203拠点、海外に現地法人13社を構える高機能複合商社となっています。

この商社は、世界有数の物流会社の日本通運グループ企業の中核商社です。創業以来その事業領域を拡大してきました。その核は物流です。物流は情報戦略的な意味合いでロジスティクスと呼ばれます。
物流は多種多様な商品を安全・スムーズ、スピーディーに運搬します。
この商社では、生産者から消費者に品物が届くまでの間の物流プロセスにおける包装・輸送・荷役・保管・流通加工という機能を効率的・効果的に行えるようにトータル支援を行っています。このことを使命と考えながら、日々の業務が行われています。
川中商事ではその象徴として川中というマーケティングシンボルを採用しています。LogisticsのLOとあらゆる、全てを表している川中を組み合わせたもので、
未来のあらゆる可能性を物流を通して探りながら、商品やサービスを提供するというメッセージが込められています。

この商事では、2016年4月より新経営計画における、事業の専門性を高めて、戦略的投資を通じ、社会インフラとしての物流を基軸にグローバル経済を支える企業へと変革を図るという基本方針を軸に、
日本通運グループ企業との相互連携強化によって国際関連事業の拡大を図っています。また、国内外の情勢やお客様のニーズに敏感に対応しながら、積極的な事業推進がなされています。
このように、川中商事では生産者から消費者に品物が届くまでの物流プロセスをトータルに管理しながら、社会インフラとしての物流によってグローバル展開が図られています。

グローバルな活動展開について

川中商事グループは、子会社30社と関連会社19社で構成される商社です。神戸製鋼グループの中核商社として、国内や海外で鉄鋼や非鉄金属・機械等を軸に、各種商品の国内取引や輸出入が業務として行われています。
川中商事では、関連商品の構造の製造や情報等のサービス提供、先端技術分野へ積極的な事業投資など、多角的な事業展開が図られています。

現在、環境に優しい蒸気ビジネスが本格化しています。川中商事では海外の生産ニーズにも現地主導で積極的に対応する体制が構築され、新興国や発展途上国などの国家レベルのプロジェクトを任されるなど、
産業や経済インフラをトータルで取り扱うなどの業務を遂行しています。近年では環境配慮型のプラントや工場に対するニーズが高まっており、
川中商事はお客様の多様なニーズに幅広く対応しながら調達業務を行っています。
川中商事は、第37回日本産業技術大賞・内閣総理大臣賞受賞などの受賞を通して、国内外から省エネ分野で高い評価を受けています。

神戸製鋼所と川中造機の高いスクリュ技術を用いて、蒸気のスペシャリストTLV社と共同開発した世界初のスクリュ式小型蒸気発電機であるスチームスターは、世界で需要が見込まれており、
今後の商事の主力商品の一つとして高く注目され、積極的に拡販に力が入れられています。そのために、この商事では2011年、Shinsho American Corp.に機械セグメントを設置し、
アメリカでの先端情報収集や先端情報発信元として活動が行われています。そして、現地で光ディスク用材料供給とエネルギー分野の特殊モーター拡販とあわせて、重要な活動を推進しています。

また、この商事では溶材ビジネスの生産拠点のグローバル化に一早く対応し、タイやシンガポール、マレーシアを中心とする東南アジアや中国を中心として現地での対応力を整えています。
そして、世界中から日々集まる要望に対して、トータルな溶接プロデュース力を発揮しながら積極的な業務推進を図っています。
そのため、神戸製鋼所と共同出資を行い、2002年には唐山川中溶接材料有限公司を、2009年には青島川中溶接材料有限公司を中国に開設しました。

唐山ではCO2ソリッドワイヤを主力商品に、そして、青島ではFCWを主力製品に据え、造船業を中心に高まる顧客のニーズに対応しています。
この商事では海外展開なども積極的に展開しながら、信頼のKOBELCOブランドニーズに応える形で商品やサービスの供給を行っています。

長期経営ビジョンと業務内容について

川中商事株式会社は1946年11月12日に設立された大阪府大阪市中央区と東京都中央区に本社を有する商事会社で、代表取締役社長は斎藤育廣氏、
資本金は56億5028万円、売り上げは2016年3月期で7913億4200万円の商事会社です。川中商事株式会社は、鉄鋼や鉄鋼原料、非鉄金属や機械、情報産業や溶材各製品の売買と輸出入を主要業務とする東京第1部上場企業です。
ビジネスのグローバル化の進展とともに、海外へ積極的に展開を行う企業も増える中、この商事ではグローバル展開を目指す企業の後方支援をサポートすることが重要な役割であると考えられています。
そのため、2020年に向けた長期経営計画の中に、グローバルビジネスの加速、商社機能の強化、経営基盤の充実という3つの戦略を位置づけています。
そしてこれらの戦略をスピーディーに実行しながら、商社としてお取引先企業ビジョンの達成への寄与を目指した経営が行われています。

川中商事株式会社では、川中製鋼グループの中核となるグローバル商社をさらに目指すという長期経営ビジョンを実現するために、
全体戦略の一つにグローバルビジネスの加速を掲げています。世界各地のローカルニーズにきめ細かく対応するため、海外グローバル拠点の拡充の推進を図りながら、海外拠点機能や連携の強化策も実施しています。

川中製鋼グループの中核商社であるこの商事には、鉄鋼やアルミ、溶接等の素材供給を行うための事業や、鉄鋼生産のための原料調達事業、
産業機械を提供するための事業があります。全ての事業で、製造業や建設業などのものづくりに貢献する事業を行っており、同時にグローバルビスネスを積極的に加速展開させています。

この商事には5事業本部が設けられており、そのうちの2事業本部、鉄鋼本部と鉄鋼原料本部では鉄鋼に関わる事業が展開されています。
例えば、鉄鋼本部では、経済と産業の発展に不可欠な鉄鋼の安定供給を使命とし、神戸製鋼所の各種の鋼材や加工品の供給窓口として機能しながら、チタンやステンレスといった高付加価値製品なども幅広く取り扱われています。
鉄鋼原料本部では、鉄鋼原料や発電用燃料などを海外から調達するという業務が行われています。

オーストラリアの石炭鉱山や改質褐炭への投資活動や、電力卸供給事業への原料供給事業、リサイクル事業といった事業が行われており、さらにその事業領域を拡大させながら鉄鋼に関わる業務が幅広く展開されています。

吉越商事―ユニークな娯楽事業も手掛ける

吉越商事は、昭和31年に設立され、今年で創業61年を迎える歴史のある長野県の会社です。
現在、代表取締役である吉越明人氏の下、長野県を中心に事業展開し「人と自然が協和できる環境を目指す」をモットーに、地域から高い信頼を得ています。現在の従業員は、22名です。

吉越商事の中心事業は、廃棄物処理、車両・重機施工、建設資材販売の三つに分かれます。

廃棄物処理では、産業廃棄物の「中間処理」と「収集運搬」を行っています。「中間処理」では、木くず・紙くず・繊維くず・廃プラスチック・がれき類といった廃棄物の粉砕を行います。(焼却事業は現在、休止中。)
「収集運搬」では、汚泥・廃プラスチック・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・燃え殻・紙くず・繊維くず・がれき類といった廃棄物の収集運搬を行っています。またこの事業(収集運搬)では、新潟県まで事業が拡大されています。

車両・重機施工では、クレーンによる住宅工事の材料上げや各種重量物の吊り上げ、大型ダンプ・トラックによる土砂運搬ならびに産業廃棄物運搬、パワーショベルによる土砂等の掘削及び積込や土木工事に伴う作業、タイヤドーザーによる冬期の除雪作業が行われています。(各種重機等については、ホームページに詳しい説明があります)。

建設資材販売では、赤土、黒土、再生砕石RC-40(信州リサイクル認定製品)、ARC再生砕石、巨石といった土類の販売が行われています。

以上の中心事業に加え、近年、吉越商事では「千曲川舟下り」というユニークな事業も展開されています。千曲川は、長野・埼玉・山梨の3県にまたがる甲武信ヶ岳を水源として、いくつもの流れをあつめ、さまざまな地形を作りながら下り、新潟県に入ると信濃川と名前を変えて日本海まで流れて行きます。吉越商事の所在する飯山市は、そのほぼ中間地点に位置するため、ぜひその景色を楽しんでもらおう、というのが本事業になります。

「千曲川舟下り」では、最大乗員数10名の船に乗り、千曲川の景色を楽しんでゆきます。河岸では野鳥や植物が多く生息し、四季おりおりにうつろう景観の豊かさの中、身近に自然を感じながら散策を楽しめます。ふるさとの原風景を今も残す、のどかな田舎風景を眺めていると心豊かな時を過ごすことができるのです。

中心事業に加え、ユニークな娯楽事業も手掛ける吉越商事は、地域に密着した企業として、今後も躍進を続けて行きます。

吉越商事―現代のニーズにも合わせた事業展開

吉越商事は、昭和31年に設立され、今年で創業61年を迎える歴史のある長野県の会社です。現在、代表取締役である吉越明人氏の下、
長野県を中心に事業展開し「人と自然が協和できる環境を目指す」をモットーに、地域から高い信頼を得ています。現在の従業員は、22名です。

吉越商事の中心事業は、廃棄物処理、車両・重機施工、建設資材販売の三つに分かれます。

廃棄物処理では、産業廃棄物の「中間処理」と「収集運搬」を行っています。「中間処理」では、木くず・紙くず・繊維くず・廃プラスチック・がれき類といった廃棄物の粉砕を行います。(焼却事業は現在、休止中。)
「収集運搬」では、汚泥・廃プラスチック・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・
燃え殻・紙くず・繊維くず・がれき類といった廃棄物の収集運搬を行っています。またこの事業(収集運搬)では、新潟県まで事業が拡大されています。

車両・重機施工では、クレーンによる住宅工事の材料上げや各種重量物の吊り上げ、大型ダンプ・トラックによる土砂運搬ならびに産業廃棄物運搬、
パワーショベルによる土砂等の掘削及び積込や土木工事に伴う作業、タイヤドーザーによる冬期の除雪作業が行われています。(各種重機等については、ホームページに詳しい説明があります)。

建設資材販売では、赤土、黒土、再生砕石RC-40(信州リサイクル認定製品)、ARC再生砕石、巨石といった土類の販売が行われています。

以上の中心事業に加え、近年では、太陽光発電、ETCセットアップ、農産物販売といった現代のニーズに適う事業も開始しました。
太陽光発電事業では、長野県飯山市瑞穂の太子林発電所を手がけました。ここでは、100kwもの発電が行われております。

ETCセットアップ事業では、申し込んだ即日にセットアップがスピーディーに為されます(料金2700円)。
農産物販売では、田植えから稲刈り精米まで全て自社で一貫して行った飯山産コシヒカリ、北信州で採れたアスパラガスを粉末化した「みゆきの美人」の販売を行っております。
(みゆきの美人は、SBC信越放送でも紹介が為されました。)

重機等を使った力仕事から、現代的なニーズに合わせた作業や商品販売まで。吉越商事は、幅広い視点で、長野の地域に密着した事業展開を行っています。

現代は価値観が多様化している分、産業界では、求められる商品のニーズも多様化しています。
そのため、それらを処分したり、再利用する業界にも変革が求められています。

そのような状況の中で、吉越商事は多様化したニーズにしっかり対応している姿勢が見受けられます。

吉越商事ー中核事業における信頼と実績

吉越商事は、昭和31年に設立され、今年で創業61年を迎える歴史のある長野県の会社です。現在、代表取締役である吉越明人氏の下、
長野県を中心に事業展開し「人と自然が協和できる環境を目指す」をモットーに、地域から高い信頼を得ています。従業員は現在、22名です。

ここでは、吉越商事の中核事業とも言える(1)廃棄物処理、(2)車両・重機施工、(3)建設資材販売の三つに的を絞り、ご紹介をさせて頂きます。

(1) 廃棄物処理
産業廃棄物の「中間処理」と「収集運搬」を行っています。中間処理では、木くず・紙くず・繊維くず・廃プラスチック・がれき類といった廃棄物の粉砕を行います。(焼却事業は現在、休止中。)
収集運搬では、汚泥・廃プラスチック・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・燃え殻・紙くず・繊維くず・がれき類といった廃棄物の収集運搬を行います。後者(収集運搬)は、新潟県まで事業拡大をしています。
作業には、専門の木くず破砕機(CR1100M)、コンクリート破砕機(BR300J)、焼却炉(ロータリーキルン)が使用されます。
また、家屋解体工事も行っております。上記に従い、解体後の廃棄物処理まで引き受けることができます。

(2)車両・重機施工
クレーンによる住宅工事の材料上げや各種重量物の吊り上げ、大型ダンプ・トラックによる土砂運搬ならびに産業廃棄物運搬、
パワーショベルによる土砂等の掘削及び積込や土木工事に伴う作業、タイヤドーザーによる冬期の除雪作業を行っております。

(3)建設資材販売
次の資材を販売しております
赤土…主に家の外構工事に用いられます。花壇や庭などに適しております。
黒土…畑や田んぼで使用するのに適しております。
再生砕石RC-40…コンクリートを破砕した再生砕石です。路盤の埋戻し材に使用されております。信州リサイクル認定製品です。
ARC再生砕石…アスファルトを破砕した再生砕石です。駐車場や農道などに用いるのに最適です。
巨石…坪庭などで用いるのに最適です。

以上の中核事業に加え、太陽光発電、ETCセットアップといった現代のニーズに適った事業、「千曲川舟下り」といった地域の娯楽に携わる事業、
他に、畑の草刈りからあぜ塗りまで機械による畑や田んぼの造成、農産物販売なども行っております。

重機や廃棄物処理を専門領域としている分、この分野ではかなり有力なようです。
資材や、廃棄物などを通じて、地球環境に関わる仕事に取り組んでいる吉越商事を今後も注目したい所です。

川中商事って知ってる?

川中商事株式会社は東京に本社を置く電子機器の専門商社です。
設立は1953年に遡り、1957年には当時の日本電気、現在のルネサンステクノロジーの電子部品の販売特約店特約を締結し、
電子部品の専門商社として歩みを開始しました。
以後、50年以上に渡り、TDKや京セラなど日本を代表する電子機器メーカーの販売特約店として事業を営み、
顧客とメーカーをつなぐパイプ役として日本のエレクトロニクス産業の発展に貢献しています。

川中商事株式会社は14社の子会社と1社の関連会社を抱えており、半導体素子や集積回路などの電子部品やアッセンブリ部品の販売、
輸出入をメインの業務としています。
所属している従業員数はグループ全体で約800名です。主力事業の電子部品事業にほぼ半数の400名が従事しており、
アッセンブリ事業に約220名、その他の事業に80名、管理部門に90名ほどが従事しています。また、親会社単体における従業員は320名ほどとなっており、
親会社でも6割以上の人員が電子部品事業に従事しています。なお、従業員の平均年齢は43歳です。

主たる事業は電子部品事業で、集積回路や半導体素子、回路部品、LCDなどの電子機器を取り扱っています。電子部品事業の売上高に占める割合は高く、
会社全体の売上の約9割の売上を占めてします。
次にウェイトが重いのが、アッセンブリ事業です。アッセンブリ事業では主にパチンコやテレビゲームなどに組み込まれる電子デバイスを提供しており、
全社の約1割弱の売上を計上しています。
電子機器の総合商社である川中商事株式会社は、多くのエレクトロニクス会社と販売特約店契約を結んでいます。

パソコン周辺機器については日本電気と、半導体素子や集積回路についてはルネサスエレクトロニクスと、セラミックフィルタやセラミックチップコンデンサは
京セラと、自動更新される特約店契約を結んでおり、電子機器に対する様々なタイプの需要に対応できる体勢が構築されています。
また、国内からの仕入れだけではなく、海外からの調達にも力を入れており、中国、台湾、シンガポールに展開するルネサスエレクトロニクス現地法人との
販売特約店契約も締結しています。

川中商事株式会社の営業範囲は国内だけに留まりません。
海外企業の需要に対応するため、1977年にはシンガポールに営業拠点を設立し、以後、アメリカ、中国、インド、スペイン、台湾、
タイ、マレーシアの8ヶ国に拠点を設けています。

このように国内の有力エレクトロニクスメーカーの電子部品を、必要とする国内外の相手に対して適切に送り届ける役割を担っているのが、
川中商事株式会社なのです。

 

川中商事株式会社におけるビジネスの特徴

 

川中商事株式会社の取扱商品はエレクトロニクス製品が中心です。
現在、エレクトロニクス製品はコンピュータやスマートフォンだけではなく様々な分野で使用されつつあり、
将来に置ける事業展開の可能性が大きく膨らむことが期待されています。電子部品事業の取り扱い品目はマイコン、
システムLSI、メモリ、半導体、コンデンサ、カラー液晶などが中心で、これらの商品はルネサスエレクトロニクス社製の装置が中心となっています。
また、電子デバイス間の接着剤など、新たな商材についても積極的な開拓が行われています。

さらに、組み込みビジネスを展開しているところも川中商事株式会社の大きな特徴です。

専門商社の持つ情報力を生かし、電子デバイス市場にある既存製品の技術や特性を読み取り、
様々な種類のモジュールやソフトウェアを組み合わせることにより顧客の必要とする製品の提供が行われているのです。

電子部品の卸売り、輸出入だけに留まらず、専門性を活かし、顧客のニーズに合わせて既製品をカスタマイズしたり、
付加価値をつけるようなコンサルティングサービスも行われています。

そして、川中商事株式会社では顧客からの依頼を受けての開発や設計も行われています。
現在、自動車やバイクにはエンジンの出力を調製するマイコンが搭載されていますが、それらマイコンの機能を最適化するための制御ソフトウェアや、
各種デバイスの開発も請け負っているのです。特に、自動車電装ソフトウェアの開発には長い経験を有しており、エンジンコントロールユニットや燃料ポンプ向けの
モーターシステムなどの納品実績があります。

また、川中商事株式会社では、アミューズメント分野においても大きな成果を残しています。
パチンコやパチスロの業務用筐体や、家庭用のゲーム機にはマイコンやメモリ、電源、基盤、タッチパネルなどの各種電子部品が使用されますが、
それらの電子部品について多くの販売実績を獲得しています。また、それらの製品への納品では、
電子部品をあらかじめ組み合わせるアッセンブリが必要になりますが、アッセンブリについても多くの納品実績を獲得しています。
このように川中商事株式会社では、単に電子部品を販売、卸売するだけではなく、専門知識に基づいた技術力を武器に、

顧客の求めに応じた最適な製品の選定や組み合わせ、さらに使用法の提案と言ったコンサルティングまでを手がけています。
LSIの受託開発や、ソフトウェアの開発、ビジネスモデルの構築までを行う技術商社としてエレクトロニクス業界で、高い評価を受けているのです。

川中商事株式会社の業績と今後の展望

ルネサンスエレクトロニクス社製の電子部品の専門商社として業界内で独特の存在感を放つ川中商事株式会社ですが、その業績は堅調に推移してます。
グループ全体での業績は、平成28年3月期の売上高が1160億円、経常利益が22億円となっています。グループでの従業員数が800名程度であることから考えると、
従業員1人あたりの売上高を1億円以上計上しており、専門商社として優れた経営成績を残していると言えます。
半導体を中心とする電子部品や電子デバイスの専門商社である川中商事株式会社の顧客は電子機器や装置を使用するメーカーが中心です。
そこで、受注に関してメーカーの設備投資の影響を受ける可能性が大きく、日本経済や世界経済の動向に業績が左右されやすくなっています。
実際、リーマンショックを契機とした世界的な不況と円高に苦しめられた経験があり、2008年度期には売上高が10%以上落ち込むという苦境を経験しています。

エレクトロニクス業界は、アジアを中心とした新興国の経済成長に伴い、中長期的には継続的な成長が続いていくものと期待されており、
そこに川中商事株式会社のさらなる需要、市場獲得のチャンスが秘められています。その一方、国際間の競争激化と、国内の業界再編の動きの中で、
これまで以上に激しい競争が予想されており、エレクトロニクス業界における競争に勝ち抜くことが求められています。そこで、川中商事株式会社では将来に見据え、
激変するエレクトロニクス産業の行く末に対応するために様々な施策が検討されています。

まず、国内市場をさらに開拓してゆくために、ルネサンスエレクトロニクス社製品の販売強化に努めることが計画されています。
また、EMS推進室を中心に、アッセンブリビジネスを積極的に展開してゆくことも計画されており、IoT関連事業や組み込み事業を強化し、
さらなる新規事業を成長させてゆくことが目指されています。

また、海外市場の獲得にも更なる力を入れることが計画されています。
中国深圳にある自社工場を最大に活用し、中国市場での販売拠点の拡充を図りながら、中国での売上拡大を目指しているのです。
しかし、その一方で中国へ生産拠点を特化することの危険性から、、生産基地の分散化を推し進めるための計画も予定されています。

さらに、激化する競争に生き残るためには適切で効果的なマネジメントが必要となります。そこで、川中商事株式会社ではリスクマネジメントの強化と、
透明性の高いコーポレントガバナンスの確保に努めることで、不祥事などが発生しないような取り組みも行われています。

川中商事株式会社の事業指揮権

先程の2記事目でも話したりしたように、中国本土においての決算時においての異常な計算面での実状や、
一部の中国人役員らによる社外の親族らとの共謀をした「売り戻し取引」などのような不正などがあり、
資本が外部へ流出をしてしまうという失敗が、ここの川中商事株式会社の社名が変更になる規川中商事株式会社模もの大きな問題性としてあったような感じでもありました。

そうした良い教訓から、今話した中国本土においての各種トラブルだけではなくて、世界中に事業展開の方に従事をしたりしている営業所や系列会社においての、
川中商事株式会社系列の会社や人員同士のつながりや横の連帯などをしっかりと教育を受けたりしながら、
役員である方への社内教育などもやっていく必要性がこれからはあるものと思われます。

また、やはり日本本土とかではなくて、中国本土という異国の地の文化や習慣などの違いもあって、それらのような土壌的事情とかも間違いなくありました。
確かにそこの支社においての事業指揮権を、地元の中国人の方へ丸投げなどをしていたような川中商事株式会社こと、

川中商事株式会社が日常的にも、自由放任したりしていた、あるいは監督指導とかもイイ加減な態度のような怠惰振りがあった点は間違いが無いといえます。
そうした今までの内容からして、ここの川中商事株式会社してはもう一度、やはり事業展開をこれまでのやり方などとは変えながら、
最初は日本人役員の方を一諸に置いたりしながら二人三脚で協力をし合いながら、
中国や日本との様々な違いといったものをお互いに理解をしていきながら、たとえ間違いなどがあったりしてもそれを見過ごしたりするような事なども無いように、
今後は今までとは違う視点から、川中商事株式会社ならではの、同社独自での事業の展開の道といったものを模索をしていくべきであるようにも思えます。

やはり、本格的にどこの他社などよりも中国本土において事業展開に取り組み、これまでにない他社が関わろうとはしなかった、あるいは本気で取り組んだりはしなかったような、
産業分野方面への進出と事業展開などを、我が国日本の代表としても、真剣に行う事こそが今後の川中商事株式会社自体にとっての、
大きな今後来るべき将来に備えながら、これを明るく迎え入れていくような感じになるためにも、もう一度、中国本土という土壌において、
同社は仕切り直しといったようなカタチでチャレンジをしていくべきという姿が、世論からの評価も高く、最善の経営陣においての決断の対象であるべきあり方かもしれません。

見えないところに川中商事株式会社の信頼性。

身近で便利に使われているゲーム機やスマホ、光回線、電化製品、自動車など、その中には川中商事株式会社が提供する信頼性の高い部品が隠れています。
品質の高い完成品を作るには、確実に信頼できる部品を使用することが必須です。
お客様の製品をより信頼性高く、高品質なものにするため、また革新的な技術や製品を生み出すためのお手伝いをする高品質な電気・電子部品や電線を絶えずご提供しています。

時代の変化に伴い市場やニーズの変化も激しさを増しています。川中商事株式会社は創業以来60年以上にわたり、日々最新の情報を収集し、お客様のお役に立てる部品を調査・提案し続けています。
常に技術革新が要求され、信頼性や安全性が最も厳しいうちの一つとされる自動車業界において、カーエレクトロニクスやワイヤをご提供し続けていることがその証です。
自動車に対する安全性能は要求がどんどん厳しくなり、様々な安全対策が施されてきています。

例えば作動に失敗が許されないエアバッグシステム、その確実な作動を支えるため、耐衝撃性や耐久性に優れたステアリングケーブルをご提供し、衝撃センサー信号の確実な伝達を支えています。
また、IT社会の発達により急激に普及した光ファイバケーブルは、従来、折れやすい、切れやすいなど扱いが難しく、工事にも手間や費用がかかっていました。

そこで、小型かつ軽量で、事故やミスを可能な限り予防できる人間工学的に優れた操作性を持ち、低損失接続を実現できる世界でもトップクラスのメカトロ二クス技術を駆使した工具などの提供をいち早く開始、
光ファイバ接続関係者の作業効率向上に一役買っています。これにより、さらに幅広い普及が見込まれるFTTH接続の工事効率化を支えています。
技術革新の追及を支援する一方、川中商事株式会社は環境保全にも気を配っています。昨今では有害物質による規制も厳しくなり、製品に使われる部品一つ一つに気を使わなければならない時代です。

川中商事では幅広い分野に適応する各種ワイヤケーブルを取り扱っておりますが、鉛やハロゲン系の有害物資を使用しないUL・CSA規格準拠のエコワイヤを提供し、消費者が
安心して製品を市場に出せる気配りも欠かしておりません。
川中商事は企業の社会的責任として、環境活動にも積極的に取り組んでおります。

見えないところで使われるからこそ要求される確実な信頼性、川中商事株式会社は信頼されるビジネスパートナーとして、
これからも見えないところで日々精進し、納得の頂ける信頼性の高い電気・電子部品や電線を提供する専門商社であり続けます。

信用第一をモットーに技術革新を支えます。

川中商事株式会社は、1953年(昭和28年)創業以来、電気、電子部品、電線などを販売し続ける専門商社です。お取引企業様には品質や信頼性に厳しい名だたる企業様が名を連ね、
長年にわたり信用第一を社是と掲げて努力を続け、信用を得続けています。
川中商事株式会社の「信用」は、堅実な会社としての信用と、その高品質な製品に対する信用の両方でご評価をいただき、技術革新とビジネス拡大のお役に立てるよきパートナーとして長きにわたり信頼関係を築き続けています。

川中商事の主な取り扱い製品は、大別してエレクトロニクス、半導体材料、カーエレクトロニクス、情報通信の分野にわたります。
どれも、新製品開発や技術革新が目覚ましい業界で使用されるものばかり、川中商事株式会社はその急激な変化の中でお客様の新製品開発や技術革新をリードできる製品をご提供しています。
そのために、最新の情報には常に目を配り、時代を先取りしたご提案ができる製品のご提案をする姿勢を絶えず心掛けています。

エレクトロニクスでは、ビデオやカメラ等のフレキシブルプリント基板として使用される超耐熱性の高機能フィルムをご提供、小型化を実現させました。
航空機等のモーターの耐熱性絶縁材料にも使用されます。
また、通信、自動車、建材等で幅広く活用される身近な素材であるシリコーンは、優れた耐熱性、耐寒性、対候性、電気特性、安全性等だけでなく、ゴム状、油状、
樹脂状等多彩な製品形態を取りそろえて、顧客のニーズに対応しています。

半導体材料においては、ICやLEDの急激な普及に対応した銀ボンディングワイヤや、ハイパワー半導体デバイス用の放熱材料製品、モバイル通信機器や発光ダイオードに欠かせない化合物半導体など、
時代をけん引する製品を取りそろえて技術革新を後押ししています。
カーエレクトロニクスにおきましては、昨今の電気自動車開発競争にお役に立てるよう、安全性が高く、かつ環境保全に配慮したフラットケーブルやエコワイヤー、ITS技術を支える高信頼性の製品をご提供しています。

情報通信では、布設工事費用の低減化に大きく貢献する高密度・細径化を実現した多心光ファイバケーブルや、小型で軽量でありながら人間工学的な操作性を追求した光ファイバ接続ツールなどをご提供し、
情報通信分野での技術革新及びビジネス拡大をサポートしています。

おかげさまで2006年4月にはNISHI SHOJI (THAILAND) CO.,LTD.を設立しました。
また、温室効果ガス排出量を2020年までに、1990年比25%削減することを目標とした「チャレンジ25」キャンペーンに参加し、社の拡充だけでなく環境活動にも取り組んでいるのです。
川中商事株式会社は、信用第一を胸に、これからも社会の信頼を得ながら、よきビジネスパートナーとして技術革新とビジネス拡大のお手伝いができるよう、邁進していくことでしょう。