東日本を活躍のステ-ジとする大型商社である川中商事株式会社

川中商事株式会社は、 その所在地が茨城県日立市幸町1丁目3番8号(東鉱ビル) にあり、その設立は昭和41年4月22日になります。
いわゆる地域密着型の商社として関東から東北までの北日本をカバーする在庫機能とフットワ-クのよさで調達と配達で機動力を発揮しています。
会社として力を入れているのは物流体制で、関東から東北エリアを中心に配置した12ヶ所の営業拠点で、効率の良いサポートで顧客満足向上に努めています。

これらの幅広い取引先からの情報を基に、お客様に喜ばれる企画提案のできる商社を目指していきます。具体的な業務としては、工業薬品類の販売を手掛けています。
工業薬品としては、無機薬品として硫酸 塩酸 硝酸 リン酸 フッ化水素酸 等があり、有機薬品としてはトルエン キシレン メタノール ホルマリン エタノール IPA オキソアルコール アセトン MEK MIBK 等があり、
それ以外に樹脂添加剤として重合禁止剤や環境関連薬品として次亜塩素酸ソーダも扱っています。

川中商事株式会社では量の多少にかかわらず、日本中に広いネットワ-クをもっており、最短の日程で入手することが可能です。また
石油製品の販売においては、潤滑油 作動油 切削油 研削油 防錆油 引き抜き油 プレス油 鍛造油 圧造油 フッ素オイル・グリース等であります。
潤滑油 作動油 においては、各種工場においては日々の製造において欠かさざるを得ないものであります。

いろんなものを扱かう東日本の代表的な総合商社として川中商事株式会社は様々な物の流通に関与していますが、特に、所謂油系、燃料系のものについては抜群の強味を示しています。
その会社指針の延長上が、ISO取得の真の意味合いでもあります。すなわち地球環境問題を重要課題のひとつと捉えています。
具体的な動きとして、川中商事株式会社は2004年にはISO14001を、さらに3拠点ではISO9001を取得しています。

ISOというのは、取得するときに会社内の旧態依然とした体質を改めないといけないので、ものすごいパワ-が必要であります。
それは、それで専用の社員を置いて、その仕事だけをさせなければなりません。ISOを取るということは、社外に向けて、環境問題に会社として本気ですし、お金も惜しみませんということをPRしたことになります。
期待していいでしょう。これらに加えて、川中商事株式会社では、塗料、合成樹脂並びに成形品の販売金属製品も行っています。

熱硬化性樹脂では、エポキシ樹脂 フェノール樹脂 不飽和ポリエステル樹脂 ポリイミド樹脂 ウレタン樹脂 を扱っています。
熱可塑性樹脂では、ポリエチレン ポリプロピレン エチレン酢ビコポリマー AS樹脂 ABS樹脂 ポリスチレン 等であり、客先要望で納品の形を素材か塊かに選んで納めることが可能になることもあります。
いずれにしても、細かい材料指定にきちんと対応してくれる商社さんであるのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です