社員が充実感を持って働ける ワシノ商事

愛知県安城市に本社をもつ総合設備商社、ワシノ商事は21世紀のグローバル時代にあって、日本の技術を通して日本だけでなく世界に貢献する総合設備商社企業です。

ワシノ商事の強みは専門的な知識と技術をもつ社員なのです。そのため、ワシノ商事では社員の教育や研修制度の充実には特に力を入れているのです。

例えば、商社に入社した新入社員には、社会人として基礎的なビジネスマナーや実務を学ぶため、基礎的研修を受けます。1年間、先輩社員に付いてマンツーマンで教えてもらうのです。この常時では営業の際、顧客のニーズに対し的確な提案を行うことができるように、その後営業スタッフは全員が日本工作機械販売協会の日工販SE(セールス・エンジニア)資格を取得するようになっています。

また、営業実務を通したOJTなどの他、通信教育やメーカーによる研修、社内研修など、あらゆる機会にスキルアップが図れるようになっているのです。この商事にはオープンな社風があり、社員同士の交流が盛んです。そのため、社員は仕事以外でもフレンドリーな関係を築くことができる温かみのある企業カルチャーがある会社です。

経理内容を社員に開放し、ガラス張りの経営が実践されており、筆頭株主は従業員持株会で、大株主は大手企業や金融機関となっており、安定的な経営基盤の上で経営がなされています。何ごとにおいても社員が主役の会社でといわれ、やりたいと思うことができるような自由さにあふれている企業だという社員の意見があるのです。

商事を通して人生の糧となるような数多くの経験ができるという点が魅力の会社なのです。そんな企業で働く社員からは、ある特定の製品をつくるための専門機器を担当しており、カタログにはない商品なので、お客様からの要望に合わせて設計から起こしているという遣り甲斐があるという声があります。

メーカーと何度も打ち合わせを行い、要望に最もかなう設備をつくり上げていくのはとても大変です。しかしとても充実しているということでした。

ワシノ商事のお客様は大手企業ばかりで、そのニーズも世界レベルです。そのような顧客の要望に対応できるよう、いつもお客様と同等以上の知識と情報を吸収しておくことを心がけているということでした。

実際に機械が動き、製品が生まれるのを見ることができた時、とても感慨深いものがあるという遣り甲斐がある企業がこの商事の魅力でもあり、お客様と喜びを分かち合えるという経験ができるのがワシノ商事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です