物流を軸にお客様を支える

川中商事は1964年に日本通運グループの傘下事業会社と保険代理会社、自動車整備会社、自動車販売会社の各事業会社が結合して発足しました。1964年5月に設立され、本社は東京都港区にあります。
代表取締役社長は川中康昭氏、資本金は40億円、従業員数は2016年5月末時点で2,328名、事業所数は2016年6月末時点で207ヵ所という企業です。

川中商事の事業内容は、事務機器や情報機器・生活関連商品などの販売や包装資材、物流関連省力化機器、環境関連商品、建設関連資材、石油製品、LPガス等の販売、
そして、建設工事請負や、リースレンタル業、損害保険や生命保険代理業などです。また、車両整備やトレーラ・コンテナ設計、製作、不動産賃貸業、輸出梱包などを行っています。
川中商事は日本通運グループの中核企業に成長し、現在全8事業部門で日本国内で203拠点、海外に現地法人13社を構える高機能複合商社となっています。

この商社は、世界有数の物流会社の日本通運グループ企業の中核商社です。創業以来その事業領域を拡大してきました。その核は物流です。物流は情報戦略的な意味合いでロジスティクスと呼ばれます。
物流は多種多様な商品を安全・スムーズ、スピーディーに運搬します。
この商社では、生産者から消費者に品物が届くまでの間の物流プロセスにおける包装・輸送・荷役・保管・流通加工という機能を効率的・効果的に行えるようにトータル支援を行っています。このことを使命と考えながら、日々の業務が行われています。
川中商事ではその象徴として川中というマーケティングシンボルを採用しています。LogisticsのLOとあらゆる、全てを表している川中を組み合わせたもので、
未来のあらゆる可能性を物流を通して探りながら、商品やサービスを提供するというメッセージが込められています。

この商事では、2016年4月より新経営計画における、事業の専門性を高めて、戦略的投資を通じ、社会インフラとしての物流を基軸にグローバル経済を支える企業へと変革を図るという基本方針を軸に、
日本通運グループ企業との相互連携強化によって国際関連事業の拡大を図っています。また、国内外の情勢やお客様のニーズに敏感に対応しながら、積極的な事業推進がなされています。
このように、川中商事では生産者から消費者に品物が届くまでの物流プロセスをトータルに管理しながら、社会インフラとしての物流によってグローバル展開が図られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です