グローバルな活動展開について

川中商事グループは、子会社30社と関連会社19社で構成される商社です。神戸製鋼グループの中核商社として、国内や海外で鉄鋼や非鉄金属・機械等を軸に、各種商品の国内取引や輸出入が業務として行われています。
川中商事では、関連商品の構造の製造や情報等のサービス提供、先端技術分野へ積極的な事業投資など、多角的な事業展開が図られています。

現在、環境に優しい蒸気ビジネスが本格化しています。川中商事では海外の生産ニーズにも現地主導で積極的に対応する体制が構築され、新興国や発展途上国などの国家レベルのプロジェクトを任されるなど、
産業や経済インフラをトータルで取り扱うなどの業務を遂行しています。近年では環境配慮型のプラントや工場に対するニーズが高まっており、
川中商事はお客様の多様なニーズに幅広く対応しながら調達業務を行っています。
川中商事は、第37回日本産業技術大賞・内閣総理大臣賞受賞などの受賞を通して、国内外から省エネ分野で高い評価を受けています。

神戸製鋼所と川中造機の高いスクリュ技術を用いて、蒸気のスペシャリストTLV社と共同開発した世界初のスクリュ式小型蒸気発電機であるスチームスターは、世界で需要が見込まれており、
今後の商事の主力商品の一つとして高く注目され、積極的に拡販に力が入れられています。そのために、この商事では2011年、Shinsho American Corp.に機械セグメントを設置し、
アメリカでの先端情報収集や先端情報発信元として活動が行われています。そして、現地で光ディスク用材料供給とエネルギー分野の特殊モーター拡販とあわせて、重要な活動を推進しています。

また、この商事では溶材ビジネスの生産拠点のグローバル化に一早く対応し、タイやシンガポール、マレーシアを中心とする東南アジアや中国を中心として現地での対応力を整えています。
そして、世界中から日々集まる要望に対して、トータルな溶接プロデュース力を発揮しながら積極的な業務推進を図っています。
そのため、神戸製鋼所と共同出資を行い、2002年には唐山川中溶接材料有限公司を、2009年には青島川中溶接材料有限公司を中国に開設しました。

唐山ではCO2ソリッドワイヤを主力商品に、そして、青島ではFCWを主力製品に据え、造船業を中心に高まる顧客のニーズに対応しています。
この商事では海外展開なども積極的に展開しながら、信頼のKOBELCOブランドニーズに応える形で商品やサービスの供給を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です