川中商事株式会社についてと求められる人材

川中商事株式会社は、1971年に創業された奈良県の企業になります。
川中商事株式会社は、現在、奈良県に事業基盤を置き、リサイクル工場など工場を持っています。
現在においては、環境に配慮し、電力の自給自足を目指した、エネルギー事業に力を入れているのが特徴です。
元々、川中商事株式会社は粉砕事業や運輸事業が主な柱でした。粉砕事業はおよそ30年の歴史があり、厚い信頼と不動の地位を築いているといえるでしょう。
現在では、時代の流れに沿い、そのほかにもリサイクル事業や運輸業、建設事業なども手掛けています。

また、川中商事株式会社は、山本商事グループとしての中核企業となっています。川中商事グループの、各事業などの総合商社として役目を果たしているのです。
川中商事株式会社は山本商事グループとしての中核企業であるため、総合力があるのが特徴です。このため、総合力を生かして、奈良県を中心としてどんどん事業を広げることができ、新しく地球環境に配慮した事業内容を徹底して推進していくことができるということが川中商事の強さであり特徴であるといえるでしょう。
近年においての新エネルギー事業では、リサイクル工場において、燃料生産などを行っています。

また、メガソーラーなどの建設など、新エネルギー事業は現在も安定して急成長しているといえるでしょう。
電力自由化に伴い、今後とも、川中商事グループの規模はますます拡大していくと予測されています。
去年には、県内初の電力会社が設立されました。いよいよ電力販売を開始するということで、期待が集まっています。

川中商事株式会社の事業には、砕石事業、建設事業などがありますが、それぞれの各分野には、県内でもトップクラスのグループ企業を持っていることが特徴です。
今後も事業の拡大を目指している地元密着型企業であるといえるでしょう。
川中商事株式会社では、フレッシュな若者の人材が求められています。主に提案型営業と事務職が求められており、提案型営業では、既存の取引先などに電力販売・リサイクルなどの提案を行います。
その他砕石の販売なども担当を行います。

顧客にはコンクリート工場や建設業界の企業、リサイクル事業においては、産業廃棄物の担りょり施設、ゼネコンや官公庁、ハウスメーカーがあります。
2016年のこれからは電力発売がスタートするということで、川中商事株式会社は、さらなる発展が期待できる企業であるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です