川中商事株式会社の特徴とは?

川中商事株式会社は、昭和46年に奈良県の高取町にて創業された歴史ある企業となります。その後、常に顧客満足追及に努めてきた企業となります。
社員数はおよそ130名の企業であり、資本金は3億円、そして2016年においての売上高は約80億円となります。
川中商事株式会社が創業された当初ですが、当時は主に建築資材・廃棄物の運輸業を柱として事業を行っていました。
現在では、川中商事株式会社は川中商事グループとして、砕石事業・リサイクル事業なども拡大を行っています。そのほかにも、建設事業・運輸事業などもさらに
拡大をしています。

近年においては、さらに地球全体の環境問題に配慮をし、新エネルギー事業などにも取り組みをしています。日本国内においてのエネルギー確保に注目が集まる中、電力確保や発電所の設立などを積極的に行っています。
多角的な事業展開は地元密着型企業として、注目を集めているといえるでしょう。
また、京奈和砕石場においては、業界において、JIS認証を取得しているのも大きな特徴です。

さらに、川中商事株式会社では、これからのお客様のあらゆるニーズにこたえるため、増産体制をさらに強化する取り組みを行っています。
近年では、豊かな生活や科学技術の進歩が目まぐるしいですが、その一方で、地球環境の維持が大きな課題となっています。
そこで、川中商事株式会社では、循環型社会への取り組みを使命としており、従来の事業からさらに発展した、環境に配慮したリサイクル・エネルギー分野への取り組みを強化しています。
奈良県で創業され歴史ある地元密着型の企業でありながら、事業内容は革新的であり、技術力の追及を追い求めている企業であるといえるでしょう。
現在においても、地元の奈良県を中心として社会貢献を行っています。

今現在、新エネルギーに注目をされている世の中ですが、新エネルギー事業においては、使用電力などの自給自足への取り組みや、地域の電源確保などを目指し、発電所の建設などを計画しています。
また近年では、電力販売なども開始されています。今後の日本では電力についての問題が浮き彫りになってくると予測されているといえるでしょう。今現在においても、奈良県においても地元の住人からも注目されている企業です。
川中商事株式会社は、リサイクル事業などをもって、奈良県の自然を後世に残すことを目指しており、さらには地域密着型のモデル企業を目指している企業となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です