川中商事株式会社は、エネルギ-関連総合会社のびっくり箱

川中商事株式会社は、省エネルギー・環境対応商材を展開する静岡の総合商社です。
地元のエネルギ-関連の産業にはほとんど何かの形で関与していると言っても過言ではないでしょう。
複数の会社が合わさったコンツェルンのような形態をなしていますが、登記上は 1990年(平成2年)であり、 資本金 20億円の超大手会社で、授業員は500人弱であります。

地元では川中商事株式会社は超優良企業であり、なかなか入社がむつかしい会社の一つではあります。
現在の本社は静岡県静岡市清水区にあり、新幹線静岡駅から徒歩数分であり、くれたけインプレミアム静岡駅前、大同生命ビル、ニッセイ静岡駅前ビルが近くにあります。
その事業内容は、エネルギ-関連の総合会社であり、非常に多岐にわたっています。第一に石油製品・LPG等のエネルギー販売を手広く行っています。
公共性を帯びた業務と言えるでしょう。ガソリンや軽油をはじめとして、物つくりの工場・航行船舶に必要な重油・灯油・石炭等を提供しています。

具体的には、まず産業用燃料では、灯油、重油、船舶用の軽油、重油を提供しています。そして大型商業施設やオフィスビルで使用する空調用の灯油、重油を届けています。
飛行機についても定期就航先において、ジェット燃料をていきょうするという大役をになっています。
そして、多くの人たちに親しまれたところでは、鈴与チェーンのサービスステーションは全国約400ヶ所で、ガソリンや軽油などの燃料を供給しています。
余談ですが、1998年に 日本で初めてセルフ式ガソリンスタンド『セルフ24』を開店させたの川中商事株式会社なのです。また地域に対してエネルギ-供給の大役を果たしています。
工業用、業務用そして、家庭用など様々な場面で最適な「LPガス」を安定した形で供給しています。

そして、集合住宅などにも専門バルクローリーから直接充填供給するバルク供給システムを提案して、利便性の向上に努めています。
そしてプロパンガスだけではなくて、ガスエネルギー天然ガス年間10万m3以上使用されるお客様に対し、所謂大口ガス供給である都市ガス販売を行っています。
川中商事株式会社は東京ガス、大阪ガス等のメガ都市ガス会社と同様の機能を果たしています。
潤滑油間関連LNG(サテライト基地)都市ガス導管の届かないエリアが必ず発生しますのでもその地区には、LNG供給設備を建設することにより、安定的に天然ガスを使用する環境づくりを行っています。

これらのフレ-ムワ-ク事業にプラスして 温室効果ガス排出権の販売、ボトルウォーターの製造・販売、セメント・生コンクリート等を精力的に進めることにより、
会社全体としては売り上げが増加の傾向にあり、川中商事株式会社では最近の売上高は1000億円を超えるように成りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です