川中商事株式会社は、エネルギ-関連の総合会社

川中商事株式会社は、静岡を拠点にした地域を代表するエネルギ-関連の総合会社です。
その設立は 1990年(平成2年)であり、現在の代表取締役社長は、加藤 正博さん、 役員 代表取締役会長は、鈴木 与平さんです。 資本金 20億円の大会社で、授業員は 485人です。

お客様と直接やり取りする拠点数は 国内に17箇所あり、ネットワ-クの良さが売りの一つになっています。
現在の本社は静岡県静岡市清水区にあり、新幹線静岡駅からすぐで大同生命ビルとかニッセイ静岡駅前ビルの近くです。
事業内容は、エネルギ-関連の総合会社であり、非常に多岐にわたります。特に石油製品・LPG等のエネルギー販売を手広く行っています。

ガソリンや軽油をはじめとして、物つくりの工場・航行船舶に必要な重油・灯油・石炭等を提供しています。
具体的には、まず産業用燃料では、必要不可欠な灯油、重油、船舶用の軽油、重油を提供しています。

そして丘に目を向けると大型商業施設やオフィスビルで使用する空調用の灯油、重油を届けて、万が一の非常用発電機用の軽油、重油などの切らさないようにしています。
飛行機についても同様でフジドリームエアラインズ(FDA)の定期就航先において、ジェット燃料をていきょうするという大役をになっています。

また、一般の人たちに親しまれたところでは、鈴与チェーンのサービスステーションは全国約400ヶ所で、ガソリンや軽油などの燃料のほか、
タイヤ・エンジンオイル・バッテリー等の自動車関連商品を販売し、車を運転する人は気づかない間にサポ-トを受けていることが多いです。

お客様のカーライフをサポートします。良く知られたところでは、1998年に 日本で初めてセルフ式ガソリンスタンド『セルフ24』を開店させたの川中商事株式会社なのです。
また川中商事株式会社では、太陽光発電システムの販売にも力を入れています。
具体的には、太陽光や風力を利用した大気を汚さないやさしいクリーンエネルギーシステムを新エネルギーサービスとして販売展開しております。会社としてCO2削減やCSR活動への取組みを継続しています。
川中商事株式会社の太陽光発電システムは、CO2を排出することないクリーンなエネルギーシステムで、設置場所は、工場・事業所・オフィスビルの屋根や壁面、中小規模の店舗や学校・福祉施設等になります。

取扱いメ-カ-は、シャープ・京セラ・三洋電機・三菱電機であり、補助金制度についても熟知しており、その地区での独特の内容に呼応したベストプランを提案しています。
これらの事業に関連して 温室効果ガス排出権の販売、ボトルウォーターの製造・販売、セメント・生コンクリート等建設資材の販売、合成樹脂原料・化成品・合成樹脂製品等の販売、FA電機品、複合機他OA機器販売、他
をおこなっており、最近の売上高は1000億円を超えるように成りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です