顧客のニーズに応えて成長してきた歴史

2017年4月現在で、資本金は4億円。売上高は321億円、従業員は159名です。
会社の規模としては少数精鋭制を取っていて、社員1人あたりの売上は約2億円にものぼります。

貿易部門と生産部門を持ち、さまざまな機械製品を事業として取りあつかっています。その数は、1年間でじつに約7万点。
国内の大手メーカーをおもな顧客として、幅広く供給しています。

もともとは、1995年3月15日に横浜ゴムの代理店、および日本鉱業の直問屋として設立されたのが会社としてのはじまりでした。当初は資本金50万円で、設立と同時に小松製作所へ納入を開始。1960年には、大阪支店を設立して松下電器産業へも納入をはじめています。

会社として大きな転機となったのは、1960年8月。横浜市に日吉工業を設立して、油圧ホース金具の供給をはじめたことでした。この油圧ホースをはじめとする油圧関連部品は、現在でも郷商事株式会社の主力製品となっています。

そして、この年を境に1970年まで、日本各地に3箇所の出張所や事務所を設置。現在では、大阪、滋賀、茨城、石川、福島に、それぞれ拠点やグループ会社をの10箇所も展開しています。

1971年11月には、草津工場を建設。エアコン部品の生産をスタートさせて、電機事業にも本格的に乗り出しています。1983年5月には、アメリカのテネシー州メンフィスに事務所を設立。これを皮切りに、現在までに、マレーシア、タイ、中国、韓国、ドイツ、インドネシアと12箇所の海外拠点を展開。

2005年9月にはISO14001、2007年9月にはISO9001を認証取得して、複数のマネジメントシステムを一体化。より効率的な事業展開をはかっています。そして、2007年3月に郷ホールディング株式会社を設立。10月に郷商事と合併して、現在の郷商事株式会社の形態ができあがりました。

その60年を超える長い歴史は、まさに顧客のニーズに誠実に応えることで築かれてきた、といってもよいでしょう。郷商事株式会社では、今後もその経営の基本を継承して、技術や品質を高め、より速くより安く、世界中から機械製品を提供することを目ざしています。

そのために、全社員がそれぞれの「責任」のもと、「自由」な発想と「創造」に「挑戦」。より「品位」の高い企業活動で、顧客の信頼を勝ち得ることを重要だと考えています。そして、何よりその活動が、社会や人々の生活を豊かにすることにつながることを信じて日々努力しているのです。

ジェイアールエフ商事株式会社の事業内容について

ジェイアールエフ商事株式会社において中心的な事業を担っているのは「リース事業部」で、この部署では物流関係の機械設備から事務用機器、商業用設備、さらに車両に至るまで、代償を問わず様々な分野の物件を取り扱い、様々な事業者に向けて提供しています。

ジェイアールエフ商事株式会社のリースを利用するメリットとして第一に挙げられるのは、リスクコントロールが容易になるという点でしょう。事業計画に基づいて必要な期間のリース契約を結ぶことによって、運営費用の管理が簡単になります。資材を購入するとなるとそれに合わせて巨額な初期費用が求められますが、リース契約を結べば初期投資の金額を抑えられ、健全な経営を見込むことも可能です。

リース期間が終了した後には、そのままの形でジェイアールエフ商事株式会社に返却することになりますから、不要になった資材や物件を自身で処分する手間が不要であることも魅力的なポイントです。物件を返却する場合には、ジェイアールエフ商事株式会社が責任を持って廃棄処理等を行うことになりますが、再リースを希望する場合には当初の契約金額の1/10程度にまで割引され、より利用しやすくなります。

また、物件にかかる固定資産税や保険の手続きは全てジェイアールエフ商事株式会社が行います。事務処理等を自社で行う必要が無くなり、経営をスリム化できるほか、契約や税金、補償に関する知識を求められることもありませんから、特に各分野の専門家を雇うことができない中小企業には極めて適したサービス内容と言えるでしょう。

次に商品流通部では、ゼネコンや工事施工会社等に向けて、生コンクリートや鉄筋、足場など様々な建設資材の提供を行っています。特に人気を博しているのが日綜産業製の吊り足場であるクイックデッキの販売・レンタル業です。

クイックデッキは安全で簡単に組み立てられる特徴を持っていながら強度が高く、安全でゆとりのある作業を引き出せる資材として世界中で採用されています。大型のショッピングモールの工事では、クイックデッキを採用することによって従来までの工法でかかる作業期間を6割も短縮することに成功し、工期を1ヶ月短縮したという実績も持ちます。

さらに、オフィスで使用するための事務機器や消耗品、梱包資材、自動車等の販売や、変わった分野ではJRに関連する鉄道グッズの企画や開発、そして販売までを手掛けており、大勢の顧客を満足させています。

三鬼商事の成長について

三鬼商事は、1965年12月15日に設立されたオフィスビルなどの仲介業やオフィスの移転などのプランニングを行っている会社です。

社名は、創立者の中に、鬼のように働いていた社員が3人いたためと言われています。社訓は、「信念・誠実・気魂」というように、お客様に対して常に真摯に対応する姿勢で、成長し続けている会社です。本社は、東京都中央区となり、支店が全国に10か所もあります。

時間や手間がかかるオフィスの移転作業を得意としている三鬼商事は、移転をスムーズに行うための契約や管理をしっかり行っているので、顧客満足度が高いと評価されています。面倒な手続きについても、問題なく賃貸オフィスの解約予告を行うノウハウや、原状回復にかかる費用やメンテナンスなどをしっかりフォローしてくれます。これらは、MOBSという三鬼商事独自のサポートシステムにより、
分析、プランニング、業務管理がしっかりしているからです。

それから、新しいオフィスについても、立地条件だけでなく、使いやすいレイアウトする方法や、OA機器をすぐに使用できるようする手配、耐震基準を満たしているかなど細かくチェックした上に、希望に沿ったオフィスビルを提案してくれます。

単に、物件を紹介するのではなく、実際に働きやすいスぺースなのか、近隣の騒音などは大丈夫なのか、オフィスには十分な収納スペースはあるのかなどといったことまで細かく相談に乗ってくれると評判です。移転が決まったら、移転までのスケジュールを立て、効率よく移転作業を行えるように提案し、問題がないようにコミュニケーションを取ります。

移転後は、各種手続きに関しても対応しているので、電話の開通日や新しい電話番号がいつ決まるのか、配線が邪魔にならないかなど、面倒なことを1つ1つ行ってくれるので、仕事が忙しくてもイライラすることなくオフィスの移転作業ができます。新しい名刺の作成や、ゴム印に至るまで抜かりなく手続きを任せることができるのです。

移転コストについては、公式サイトからシュミレーションで大まかな費用を算出することも可能です。オフィス物件だけでなく、倉庫物件も多数用意しているので、倉庫が必要な場合でも安心です。

他にも、サービスオフィスといって、設備が整ったオフィススペースを借りるサービスも行っています。全てレンタルなので、初期投資を抑えることができる上に、月単位で借りることが可能となっています。サービスの中には、秘書サービスやセミナー用としての会議室のレンタルなどもあります。

社員が充実感を持って働ける ワシノ商事

愛知県安城市に本社をもつ総合設備商社、ワシノ商事は21世紀のグローバル時代にあって、日本の技術を通して日本だけでなく世界に貢献する総合設備商社企業です。

ワシノ商事の強みは専門的な知識と技術をもつ社員なのです。そのため、ワシノ商事では社員の教育や研修制度の充実には特に力を入れているのです。

例えば、商社に入社した新入社員には、社会人として基礎的なビジネスマナーや実務を学ぶため、基礎的研修を受けます。1年間、先輩社員に付いてマンツーマンで教えてもらうのです。この常時では営業の際、顧客のニーズに対し的確な提案を行うことができるように、その後営業スタッフは全員が日本工作機械販売協会の日工販SE(セールス・エンジニア)資格を取得するようになっています。

また、営業実務を通したOJTなどの他、通信教育やメーカーによる研修、社内研修など、あらゆる機会にスキルアップが図れるようになっているのです。この商事にはオープンな社風があり、社員同士の交流が盛んです。そのため、社員は仕事以外でもフレンドリーな関係を築くことができる温かみのある企業カルチャーがある会社です。

経理内容を社員に開放し、ガラス張りの経営が実践されており、筆頭株主は従業員持株会で、大株主は大手企業や金融機関となっており、安定的な経営基盤の上で経営がなされています。何ごとにおいても社員が主役の会社でといわれ、やりたいと思うことができるような自由さにあふれている企業だという社員の意見があるのです。

商事を通して人生の糧となるような数多くの経験ができるという点が魅力の会社なのです。そんな企業で働く社員からは、ある特定の製品をつくるための専門機器を担当しており、カタログにはない商品なので、お客様からの要望に合わせて設計から起こしているという遣り甲斐があるという声があります。

メーカーと何度も打ち合わせを行い、要望に最もかなう設備をつくり上げていくのはとても大変です。しかしとても充実しているということでした。

ワシノ商事のお客様は大手企業ばかりで、そのニーズも世界レベルです。そのような顧客の要望に対応できるよう、いつもお客様と同等以上の知識と情報を吸収しておくことを心がけているということでした。

実際に機械が動き、製品が生まれるのを見ることができた時、とても感慨深いものがあるという遣り甲斐がある企業がこの商事の魅力でもあり、お客様と喜びを分かち合えるという経験ができるのがワシノ商事なのです。

最新技術で日本を支える製造業をサポート

川中商事の親会社である川中舎は、電気機械の国産化を目標として明治時代に創業されました。まだまだ、多くの産業を海外に依存していたころの話です。

その開発には、何度も試行錯誤が繰り返されました。そして1901年、とうとうモートル、つまり電気モーターの開発に成功したのです。

この事業が、のちにつながる川中舎の事業の根本となっています。高度成長期になると、さらに社会の変化に合わせて、最新技術のエレクトロニクスを組み合わせることで、よりその内容を発展させていきました。

川中商事は、その製品販売部門からスタートした商事会社です。

メインとなるモーターには、高パワーレートの「PMサーボモータ」やエレベーターを快適にする「エレベータ用PMモータ」、フォークリフト用の「電動車両用モータ・コントローラ」、さらに多くの産業機械に対応できる「トップランナーモータ」など、幅広い製品を販売しています。

ほかにも、高圧電動機を直接駆動できる「直接高圧インバータ」や「産業機械用ブレーキ」。そして、台車形、全面低床形、超重量・大形、フォークリフト形などのAVGや、「天井走行台車」や「有軌道台車」、さらに自由に組み立てることができる「無人搬送車キット」といった、バラエティ豊富な無人搬送車システムも用意しています。

これらの製品を提供することで、川中商事では製造業の自動化をサポートしています。

ほかにも、「トップランナー変圧器」から「電力会社様向け特高変圧器」、「特高変圧器」とラインナップをそろえた変圧器。コンパクトな「高圧真空遮断器」や、「開閉器用VT」などの開閉器。そして、3.3kVから世界最高の145kVまであつかえる真空バルブ。

ほかにも、「配電盤用保護継電器」や高性能な配電用、発変電所用がいし形、ポリマーがいし形などの避雷器など、さまざまな受変電設備で、現場のより安全な電力の分配、供給をはかっています。

発電装置には、目的や用途に合わせたさまざまなタイプの非常用発電装置や、ディーゼルエンジンやガスエンジンで駆動する「小・中容量エンジン発電機」を用意。さらに、発電機各種燃料槽や付帯設備、発電設備の工事やメンテナンスのサービスも行っています。

環境問題にも考慮して、自立運転できる「太陽光発電用パワーコンディショナ」や、目的に合わせてさまざまな蓄電池と組み合せた「蓄電池用交直変換装置」、そして自己負担なしで導入できるBCP電源「コンパクトEMS」、直管形LED照明で寿命の長い「TRUST-LIGHT EX」などの省エネ・環境システムの導入も提案しています。

自動車の製造などに必須な「軽量・超小型データロガー」や「ポータブル型X線残留応力測定装置」などの計測制御機器。そして建設業に向けても、セラミックアンカー、インサート、埋設コン、不燃・透明シートなどの建設資材や、大型製缶板金加工から小型板金加工まで対応できる加工品受託製作、製缶板金加工品などのサービス提供も行っています。

このように川中商事では、日本の産業を支えるさまざまな製造業をサポートすることで、社会に役立つ事業を行っています。

物流を軸にお客様を支える

川中商事は1964年に日本通運グループの傘下事業会社と保険代理会社、自動車整備会社、自動車販売会社の各事業会社が結合して発足しました。1964年5月に設立され、本社は東京都港区にあります。
代表取締役社長は川中康昭氏、資本金は40億円、従業員数は2016年5月末時点で2,328名、事業所数は2016年6月末時点で207ヵ所という企業です。

川中商事の事業内容は、事務機器や情報機器・生活関連商品などの販売や包装資材、物流関連省力化機器、環境関連商品、建設関連資材、石油製品、LPガス等の販売、
そして、建設工事請負や、リースレンタル業、損害保険や生命保険代理業などです。また、車両整備やトレーラ・コンテナ設計、製作、不動産賃貸業、輸出梱包などを行っています。
川中商事は日本通運グループの中核企業に成長し、現在全8事業部門で日本国内で203拠点、海外に現地法人13社を構える高機能複合商社となっています。

この商社は、世界有数の物流会社の日本通運グループ企業の中核商社です。創業以来その事業領域を拡大してきました。その核は物流です。物流は情報戦略的な意味合いでロジスティクスと呼ばれます。
物流は多種多様な商品を安全・スムーズ、スピーディーに運搬します。
この商社では、生産者から消費者に品物が届くまでの間の物流プロセスにおける包装・輸送・荷役・保管・流通加工という機能を効率的・効果的に行えるようにトータル支援を行っています。このことを使命と考えながら、日々の業務が行われています。
川中商事ではその象徴として川中というマーケティングシンボルを採用しています。LogisticsのLOとあらゆる、全てを表している川中を組み合わせたもので、
未来のあらゆる可能性を物流を通して探りながら、商品やサービスを提供するというメッセージが込められています。

この商事では、2016年4月より新経営計画における、事業の専門性を高めて、戦略的投資を通じ、社会インフラとしての物流を基軸にグローバル経済を支える企業へと変革を図るという基本方針を軸に、
日本通運グループ企業との相互連携強化によって国際関連事業の拡大を図っています。また、国内外の情勢やお客様のニーズに敏感に対応しながら、積極的な事業推進がなされています。
このように、川中商事では生産者から消費者に品物が届くまでの物流プロセスをトータルに管理しながら、社会インフラとしての物流によってグローバル展開が図られています。

グローバルな活動展開について

川中商事グループは、子会社30社と関連会社19社で構成される商社です。神戸製鋼グループの中核商社として、国内や海外で鉄鋼や非鉄金属・機械等を軸に、各種商品の国内取引や輸出入が業務として行われています。
川中商事では、関連商品の構造の製造や情報等のサービス提供、先端技術分野へ積極的な事業投資など、多角的な事業展開が図られています。

現在、環境に優しい蒸気ビジネスが本格化しています。川中商事では海外の生産ニーズにも現地主導で積極的に対応する体制が構築され、新興国や発展途上国などの国家レベルのプロジェクトを任されるなど、
産業や経済インフラをトータルで取り扱うなどの業務を遂行しています。近年では環境配慮型のプラントや工場に対するニーズが高まっており、
川中商事はお客様の多様なニーズに幅広く対応しながら調達業務を行っています。
川中商事は、第37回日本産業技術大賞・内閣総理大臣賞受賞などの受賞を通して、国内外から省エネ分野で高い評価を受けています。

神戸製鋼所と川中造機の高いスクリュ技術を用いて、蒸気のスペシャリストTLV社と共同開発した世界初のスクリュ式小型蒸気発電機であるスチームスターは、世界で需要が見込まれており、
今後の商事の主力商品の一つとして高く注目され、積極的に拡販に力が入れられています。そのために、この商事では2011年、Shinsho American Corp.に機械セグメントを設置し、
アメリカでの先端情報収集や先端情報発信元として活動が行われています。そして、現地で光ディスク用材料供給とエネルギー分野の特殊モーター拡販とあわせて、重要な活動を推進しています。

また、この商事では溶材ビジネスの生産拠点のグローバル化に一早く対応し、タイやシンガポール、マレーシアを中心とする東南アジアや中国を中心として現地での対応力を整えています。
そして、世界中から日々集まる要望に対して、トータルな溶接プロデュース力を発揮しながら積極的な業務推進を図っています。
そのため、神戸製鋼所と共同出資を行い、2002年には唐山川中溶接材料有限公司を、2009年には青島川中溶接材料有限公司を中国に開設しました。

唐山ではCO2ソリッドワイヤを主力商品に、そして、青島ではFCWを主力製品に据え、造船業を中心に高まる顧客のニーズに対応しています。
この商事では海外展開なども積極的に展開しながら、信頼のKOBELCOブランドニーズに応える形で商品やサービスの供給を行っています。

長期経営ビジョンと業務内容について

川中商事株式会社は1946年11月12日に設立された大阪府大阪市中央区と東京都中央区に本社を有する商事会社で、代表取締役社長は斎藤育廣氏、
資本金は56億5028万円、売り上げは2016年3月期で7913億4200万円の商事会社です。川中商事株式会社は、鉄鋼や鉄鋼原料、非鉄金属や機械、情報産業や溶材各製品の売買と輸出入を主要業務とする東京第1部上場企業です。
ビジネスのグローバル化の進展とともに、海外へ積極的に展開を行う企業も増える中、この商事ではグローバル展開を目指す企業の後方支援をサポートすることが重要な役割であると考えられています。
そのため、2020年に向けた長期経営計画の中に、グローバルビジネスの加速、商社機能の強化、経営基盤の充実という3つの戦略を位置づけています。
そしてこれらの戦略をスピーディーに実行しながら、商社としてお取引先企業ビジョンの達成への寄与を目指した経営が行われています。

川中商事株式会社では、川中製鋼グループの中核となるグローバル商社をさらに目指すという長期経営ビジョンを実現するために、
全体戦略の一つにグローバルビジネスの加速を掲げています。世界各地のローカルニーズにきめ細かく対応するため、海外グローバル拠点の拡充の推進を図りながら、海外拠点機能や連携の強化策も実施しています。

川中製鋼グループの中核商社であるこの商事には、鉄鋼やアルミ、溶接等の素材供給を行うための事業や、鉄鋼生産のための原料調達事業、
産業機械を提供するための事業があります。全ての事業で、製造業や建設業などのものづくりに貢献する事業を行っており、同時にグローバルビスネスを積極的に加速展開させています。

この商事には5事業本部が設けられており、そのうちの2事業本部、鉄鋼本部と鉄鋼原料本部では鉄鋼に関わる事業が展開されています。
例えば、鉄鋼本部では、経済と産業の発展に不可欠な鉄鋼の安定供給を使命とし、神戸製鋼所の各種の鋼材や加工品の供給窓口として機能しながら、チタンやステンレスといった高付加価値製品なども幅広く取り扱われています。
鉄鋼原料本部では、鉄鋼原料や発電用燃料などを海外から調達するという業務が行われています。

オーストラリアの石炭鉱山や改質褐炭への投資活動や、電力卸供給事業への原料供給事業、リサイクル事業といった事業が行われており、さらにその事業領域を拡大させながら鉄鋼に関わる業務が幅広く展開されています。

吉越商事―ユニークな娯楽事業も手掛ける

吉越商事は、昭和31年に設立され、今年で創業61年を迎える歴史のある長野県の会社です。
現在、代表取締役である吉越明人氏の下、長野県を中心に事業展開し「人と自然が協和できる環境を目指す」をモットーに、地域から高い信頼を得ています。現在の従業員は、22名です。

吉越商事の中心事業は、廃棄物処理、車両・重機施工、建設資材販売の三つに分かれます。

廃棄物処理では、産業廃棄物の「中間処理」と「収集運搬」を行っています。「中間処理」では、木くず・紙くず・繊維くず・廃プラスチック・がれき類といった廃棄物の粉砕を行います。(焼却事業は現在、休止中。)
「収集運搬」では、汚泥・廃プラスチック・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・燃え殻・紙くず・繊維くず・がれき類といった廃棄物の収集運搬を行っています。またこの事業(収集運搬)では、新潟県まで事業が拡大されています。

車両・重機施工では、クレーンによる住宅工事の材料上げや各種重量物の吊り上げ、大型ダンプ・トラックによる土砂運搬ならびに産業廃棄物運搬、パワーショベルによる土砂等の掘削及び積込や土木工事に伴う作業、タイヤドーザーによる冬期の除雪作業が行われています。(各種重機等については、ホームページに詳しい説明があります)。

建設資材販売では、赤土、黒土、再生砕石RC-40(信州リサイクル認定製品)、ARC再生砕石、巨石といった土類の販売が行われています。

以上の中心事業に加え、近年、吉越商事では「千曲川舟下り」というユニークな事業も展開されています。千曲川は、長野・埼玉・山梨の3県にまたがる甲武信ヶ岳を水源として、いくつもの流れをあつめ、さまざまな地形を作りながら下り、新潟県に入ると信濃川と名前を変えて日本海まで流れて行きます。吉越商事の所在する飯山市は、そのほぼ中間地点に位置するため、ぜひその景色を楽しんでもらおう、というのが本事業になります。

「千曲川舟下り」では、最大乗員数10名の船に乗り、千曲川の景色を楽しんでゆきます。河岸では野鳥や植物が多く生息し、四季おりおりにうつろう景観の豊かさの中、身近に自然を感じながら散策を楽しめます。ふるさとの原風景を今も残す、のどかな田舎風景を眺めていると心豊かな時を過ごすことができるのです。

中心事業に加え、ユニークな娯楽事業も手掛ける吉越商事は、地域に密着した企業として、今後も躍進を続けて行きます。

吉越商事―現代のニーズにも合わせた事業展開

吉越商事は、昭和31年に設立され、今年で創業61年を迎える歴史のある長野県の会社です。現在、代表取締役である吉越明人氏の下、
長野県を中心に事業展開し「人と自然が協和できる環境を目指す」をモットーに、地域から高い信頼を得ています。現在の従業員は、22名です。

吉越商事の中心事業は、廃棄物処理、車両・重機施工、建設資材販売の三つに分かれます。

廃棄物処理では、産業廃棄物の「中間処理」と「収集運搬」を行っています。「中間処理」では、木くず・紙くず・繊維くず・廃プラスチック・がれき類といった廃棄物の粉砕を行います。(焼却事業は現在、休止中。)
「収集運搬」では、汚泥・廃プラスチック・ゴムくず・金属くず・ガラスくず・
燃え殻・紙くず・繊維くず・がれき類といった廃棄物の収集運搬を行っています。またこの事業(収集運搬)では、新潟県まで事業が拡大されています。

車両・重機施工では、クレーンによる住宅工事の材料上げや各種重量物の吊り上げ、大型ダンプ・トラックによる土砂運搬ならびに産業廃棄物運搬、
パワーショベルによる土砂等の掘削及び積込や土木工事に伴う作業、タイヤドーザーによる冬期の除雪作業が行われています。(各種重機等については、ホームページに詳しい説明があります)。

建設資材販売では、赤土、黒土、再生砕石RC-40(信州リサイクル認定製品)、ARC再生砕石、巨石といった土類の販売が行われています。

以上の中心事業に加え、近年では、太陽光発電、ETCセットアップ、農産物販売といった現代のニーズに適う事業も開始しました。
太陽光発電事業では、長野県飯山市瑞穂の太子林発電所を手がけました。ここでは、100kwもの発電が行われております。

ETCセットアップ事業では、申し込んだ即日にセットアップがスピーディーに為されます(料金2700円)。
農産物販売では、田植えから稲刈り精米まで全て自社で一貫して行った飯山産コシヒカリ、北信州で採れたアスパラガスを粉末化した「みゆきの美人」の販売を行っております。
(みゆきの美人は、SBC信越放送でも紹介が為されました。)

重機等を使った力仕事から、現代的なニーズに合わせた作業や商品販売まで。吉越商事は、幅広い視点で、長野の地域に密着した事業展開を行っています。

現代は価値観が多様化している分、産業界では、求められる商品のニーズも多様化しています。
そのため、それらを処分したり、再利用する業界にも変革が求められています。

そのような状況の中で、吉越商事は多様化したニーズにしっかり対応している姿勢が見受けられます。